【Azure】Azureアカウント登録後に実施すること

これまではAWSだけ触ってきましたが、今後Azureに関わる機会が増えそうなのでAzureのアカウント登録をしました。
AWS同様Azureでも、アカウント作成後に必ずやっておいた方がよいことがあったので、まとめます。
AWSコンソールにに慣れているとAzurePortalとの相性が頗る悪いです...(つらい)

目次

①課金アラート
②2要素認証の有効化

①課金アラート

個人でクラウドサービスに契約している時は、クラウド破産しないために課金アラートは必ず設定しておきましょう。
Azureでは、2018年9月時点でプレビューですが、課金アラートの設定があったので以下のサイトを参考に設定してみました。プレビューなのに驚きましたが...

docs.microsoft.com

設定はこんな感じです。2000円を超えたらメールがくるようにしました。複数アカウント登録できるようなので、必要に応じて設定してみてください。 f:id:ykoomaru:20180907151909p:plain

②2要素認証の有効化

乗っ取られたら話にならないので、2要素認証を有効にしましょう。
Azureは良くわからかったのですが、MSのアカウントへの2要素認証(管理者アカウント)とAzureADへの2要素認証?の考え方があるらしく後者はライセンスがいるらしい。
とりあえず、下のURLを参考にAzureの管理者となっているMSアカウントに2要素認証かけました。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4028586/microsoft-account-turning-two-step-verification-on-or-off

有効にするとログイン時に以下のように2要素認証を求められるようになります。安心!

f:id:ykoomaru:20180907152626p:plain

参考:AzureADでの2要素認証
docs.microsoft.com

Azureのアカウントの考え方が難しい。
AWSでいう管理者アカウントがAzureでいうMSアカウントなのかな。
AWSのIAMユーザーがAzureADに登録されているユーザー? もっと勉強する必要があります。

最後に

AWSとAzureの違いに苦しめされていますが、まず最初のセットアップが終わったのガシガシリソースに触っていこうと思います。